おとりずむ  

  Audrism  

​    [Combination of Audio and Prism]

 

公演情報

1/1
高齢化、無気力、クロスカルチャーを表現した 3つの作品集(トリプルビル)

1つ目の作品は、老いをテーマにした「Bolero 」 

日本では瀬戸内芸術祭に招聘されるなど、2015年に初演されて以来、 アジア各地で現地のワークショップ生を巻き込んで旋風的な人気を 集めている作品に、本公演では大学生ダンサーを募集し、共演する。

 

2つ目の作品は、音をテーマにした「The Sound」

2017年に韓国で行われたNew Dance for Asiaで初演され、日本に初上陸。 音や物から人々の繊細な関係を見いだす。

 

3つ目の作品は、日本と香港の国際共同創作作品「低くて太い虹」

2016年香港で初演。以後、ソウル、マカオ、北京のフェスティバルに 招聘される。美術作家の作品 「レインボーマン」が常時頭上に展示し ダンサーが虹を演出する。

公演日

10/20 

公演日

10/21 

開演時間

19:00〜

開演時間

13:00〜

17:00〜

チケットは

神楽坂セッションハウスチケットフォームよりお求めください!! 

 
" 大学生ダンサー募集"

ワークショップ

​について

本公演で上演する「Bolero 」に出演する学生ダンサーを募集。

ワークショップ日時:2018年10月17日(水)21:00〜23:00

申込先:神楽坂セッションハウス

出演グループ紹介

んまつーポス namstrops(Japan)

 

2006年、「んまつーポス」(Namstrops)結成。

カンパニー名は、スポーツマン(Sportman)の逆読み。

「現代芸術的体育」(命名は高橋るみ子元宮崎大学准教授)の独自な作品スタイルは、海外フェスティバルも注目。

これまでにアジアの国・都市はもとよりヨーロッパのエストニアやルーマニア、ドイツ等で作品を上演。

また国内では 金沢21世紀美術館をはじめ、北は十和田市現代美術館、南は霧島アートの森等、全国の美術館に「体育」(からだを育む 思想)を展示してみるという、本カンパニーならではの実験的上演活動を展開。

他特筆すべき活動は、文部科学省児童生徒の コミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験(2013~2017)、文化庁芸術家の派遣事業(2014~現在)、文化庁新進芸術家 海外研修制度(豊福・2014)、国際交流基金地域リーダー・若者交流助成プログラム(2015)、文化庁国際芸術交流支援事業(2016) キッズデザイン賞(2017・2018)、文部科学省EDU-Portニッポン応援プロジェクト(2017・2018)、芸術文化振興基金現代舞台芸術創造普及活動(2018) 坂本善三美術館コレクション・リーディングVOL.3(2018)。

2008年よりNPO法人MIYAZAKI C-DANCE CENTERを設立。

2018年の冬には、 宮崎に「こども・せいねん劇場」もオープン。

Unlock Dancing Plaza(Hong Kong)

 

2002年に、Unlock Dancing Plaza 設立。

ユニークなスタイルのダンスカンパニーは、さまざまな分野のアーティストと積極的に協力し創造を通じて舞台の制約を解放する ことで、観客にとって新しいコンテンポラリーダンスの体験を創造。

これまでに、香港、中国、マレーシア、 ブリスベン、日本など多数のフェスティバルで 作品を発表。

2014年、芸術監督のOng Yong Lock が Hong Kong Arts Development Awards でベスト・アーティスト賞を受賞。

また、2009年、2015年、2016年に それぞれ香港ダンス賞を受賞。

2009年から香港芸術発展協会の財政的支援を受ける。

 

主催・共催・助成

© 2018 miyazakic-dance center

チケット・お問合せ:神楽坂セッションハウス

〒162-0805 東京都新宿区矢来町158番地

yoyaku@session-house.net | Tel: 03-3266-0461 |

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now